マーケティングオートメーションとDM(ダイレクトメール)を簡易に連携可能なアプリケーション「MADMアプリ」を提供開始。顧客に合わせた訴求内容で印刷から発送までの自動実行を支援

凸版印刷株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:麿 秀晴、以下 凸版印刷)は、株式会社セールスフォース・ドットコム(以下 セールスフォース・ドットコム)が提供するMA(マーケティングオートメーション)サービス「Salesforce Marketing Cloud(以下 SMC)」専用のDM連携アプリケーション「MADMアプリ(以下 本サービス)」を2021年2月末より提供開始いたします。 本サービスは、SMC上の顧客に対し、顧客ごとに個別最適化されたDM(OnetoOneDM)を簡単に発送可能にします。これにより、丁寧且つ確実に情報を伝えたい顧客をカスタマージャーニーでターゲティングし、E-mailやLINEなどのデジタルメディアと遜色ないスピード感でDMを届けることができます。また、本サービスを活用することでSMCでのターゲティング、対象データの抽出、DM制作工程への自動連携、DM制作、発送、レポーティングまで人手を介すことなく自動で実施可能。人手によるタイムロスやヒューマンエラーの削減、作業工数減に寄与し、マーケティング効率の向上を実現します。

本サービスの概要© Toppan Printing Co., Ltd.

 ■ 開発の背景


 企業と顧客間のコミュニケ―ションはデジタル化の進展により、これまで以上に顧客中心の考え方が求められています。しかし、オフラインでのアプローチは、顧客にとって必要なチャネルであっても、他のオンラインチャネルとのデータ統合や一元管理が難しく、手作業による運用が必要となることが課題となっています。
 このような中で凸版印刷は、SMC専用のDM連携アプリ「MADMアプリ」を開発。2021年2月末より販売を開始いたします。MAで自動ターゲティングされた顧客に対し、最短で翌日には人手を介すことなくDMの発送が可能です。また、他のオンラインチャネルと遜色なくオフラインチャネルを活用することができ、オンオフを織り交ぜた顧客中心のコミュニケーションを行うことが可能です。

■ 「本サービス」の特長


・SMC上で顧客に対し自動でDM発送が可能
SMC上の顧客に対し、SMC上で利用でき、顧客ごとに個別最適化されたDMを簡単に発送が可能です。これにより、丁寧且つ確実に情報を伝えたい顧客をカスタマージャーニーでターゲティングし、E-mailやLINEなどのデジタルメディアと遜色ないスピード感でDMを届けることができます。

・簡易に操作が可能
本サービスはSMC設定者の負荷を下げるため、データ連携処理を中心としたシンプルな構成になっているため、ログインや対象DMの指定、連携項目の指定のみの簡単なアクションで設定が可能です。

・高いセキュリティ
ユーザー限定、ログイン認証、セキュリティ通信、データ暗号化など複数のセキュリティ対策が基本仕様になっているため、高いセキュリティでの実行が可能です。

・ヒューマンエラーの排除に貢献
アプリによるデータ抽出から、DMの発送まで人手を介すことなく実行が可能な仕組みとしているため、ヒューマンエラーを可能な限り排除することに貢献します。

・ターゲットに合わせたコンテンツによるOnetoOneでの対応が可能
連携するデータに識別フラグを含めることで、多様なコンテンツを出し分けることが可能です。これにより、ターゲット個人ごとに合った内容でDM訴求ができます。

■ セールスフォース・ドットコムからのコメント


株式会社セールスフォース・ドットコム
執行役員 アライアンス営業推進本部 兼 韓国アライアンス 兼 AppExchangeアライアンス部
池谷 充弘氏
「このたびの凸版印刷様による「MADMアプリ」のAppExchangeでの提供開始を心より歓迎いたします。昨今の急激な変化によって、従来以上にお客さまに寄り添うデジタルマーケティングの必要性が増しております。デジタルとアナログを組み合わせにより、より一層パーソナライズされた顧客体験が創出でき、多くの日本企業のデジタル変革を促進するものと期待いたします。」

■ 価格


アプリケーション価格:200,000円~/月
※AppExchange(※1)でのダウンロード対応は3月を予定しています。
※設定等デジタルマーケティング全般のサポートメニューもあります。

■ 今後の目標


凸版印刷は今後、本サービスの拡販を進め、関連受注を含めて2023年度で20億円を目指します。

※1 AppExchange
AppExchangeはビジネスアプリのマーケットプレイスです。AppExchangeでは、お客さまが Salesforce の機能を拡張し、アプリを利用してビジネスを発展させるために役立つコンポーネント、コンサルティングパートナー、開発者をご紹介しています。

* 本ニュースリリースに記載された商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。
* 本ニュースリリースに記載された内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。

以  上

出典:PR TIMES https://prtimes.jp/