■BtoCマーケットがデジタル&ネットワークの影響でどのように変化しているか

インターネットは大きく分けてBtoC、BtoBの二大市場で成り立っています。その一つであるBtoCはECの普及により、リアル店舗の並ぶ巨大市場になりました。特に中国と米国は急速に拡大しマーケット基盤となっています。ではBtoCはどんな特徴があるでしょうか。まとめると以下の通りです。

  • 顧客が多い(全人口が対象になりえる)
  • 情報収集手段は多岐にわたる(メディア、SNS、口コミ。。。)
  • 購買決定者は自分、また家族(決定権はシンプル)
  • 価格が安い(例外は除いてBtoBより単価は安い)
  • 購入までの決定期間が早い(数秒で決定する場合も)

一つ一つは説明の必要はないと思いますので省略しますが、BtoBとは真逆の特徴を持っています。さてこうしたBtoCの購買活動に関して様々な定性的データが公表されているため、デジタルマーケティングの重要性を改めて把握する種に以下ではそうしたデータを集めてみました。

実はこうして集めてみると、BtoBよりもBtoCの方が情報収集に苦労したという状態です。なぜでしょうね。。

■企業が公表している各種データを参考にしよう

●インターネット利用関連

最初はインターネットの普及状態を確認しましょう。普及している事実は万人が理解していると思いますが、その浸透度合いは想像以上かもしれません。

●インターネット利用状況(出典:総務省「令和元年通信動向利用調査 別添2 令和元年通信利用動向調査の結果(概要)」)

言うまでもなくインターネット利用者は増加しています。面白い点は令和元年になりさらに増えたという事です。

引用:https://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/statistics/data/200529_1.pdf

●年齢階層別インターネット利用状況(出典:総務省「令和元年通信動向利用調査 別添2 令和元年通信利用動向調査の結果(概要)」)

この数字で特筆すべき点は高齢者の伸び率が高いことです。もちろん若年層はいずれ高齢化するので、時間が経過すれば代替わりにより必然的に伸び率は上がるのですが、60歳以上、特に80歳以上が1年で倍以上になっている点が驚きです。「インターネット利用状況」で令和元年が伸びたのはこの影響でしょう。

引用:https://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/statistics/data/200529_1.pdf

●インターネットの端末の利用状況(出典:総務省「令和元年通信動向利用調査 別添2 令和元年通信利用動向調査の結果(概要)」)

やはりモバイルが多いですね。BtoCは完全にモバイルファーストでWeb構築する必要があります。

●インターネットの利用目的・用途(出典:総務省「令和元年通信動向利用調査 別添2 令和元年通信利用動向調査の結果(概要)」)

インターネットの利用目的・用途は概ね想像通りですが、SNSの発展で電子メールの利用は減少したと思っていましたが、意外と多いという実感です。ただ1年間で減少傾向ではあるようです。

引用:https://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/statistics/data/200529_1.pdf

●BtoC消費者購買プロセス関連

一般的な消費者行動プロセスについては、情報があまり無いように感じました。この分野は特にシンプルなデータをもう少し掘り下げたいですね。

インターネットによって、各購買プロセスが容易に(出典:総務省「ICTインフラの進展が国民のライフスタイルや社会環境等に及ぼした影響と相互関係に関する調査」(平成23年))

BtoCの商品購入ではインターネットの活用が大きな影響を与えています。ほぼすべての消費行動にインターネット情報が活用されていると言ってもよいでしょう。

引用:総務省「ICTインフラの進展が国民のライフスタイルや社会環境等に及ぼした影響と相互関係に関する調査」(平成23年)経済産業省「平成22年度電子商取引に関する市場調査」

●インターネットの購買活動に与える影響調査(出典:株式会社エルテス 2015年2月5日)

少し古い情報ですがBtoCの購買活動に与えるインターネットの影響がシンプルにわかるデータです。

引用:https://eltes.co.jp/news/info/789/

●購入前にインターネットで検索する行動について(出典:株式会社エルテス 2015年2月5日)

購入前にインターネットで検索する行動について商品別の行動が良くわかります。またネガティブな情報にも敏感な傾向がみられるため評判はものすごく大切と言えます。

●各メディアの利用率(出典:大日本印刷㈱「メディアバリュー調査」)

言うまでもなく、メディア利用もインターネットが急速に拡大を続けています。以下は少々古いデータであるため、最新ではインターネットがテレビを上回ていると思われます。

引用:http://www.yhmf.jp/pdf/activity/adstudies/sp_2015_03.pdf

●各メディアの利用率(出典:大日本印刷㈱「メディアバリュー調査」)

●EC関連

EC関連の情報は比較的集めやすかったです。

●国内EC市場は5年で約1.5倍(経済産業省:令和元年度電子商取引に関する市場調査引用)

EC市場は長期的に拡大しています。今後DX(デジタルトランスフォーメーション)などの急速な発展で、店舗に行かなくても最適な商品が最適出来るようになり、この発展は止まらないでしょう。

引用:https://www.meti.go.jp/policy/it_policy/statistics/outlook/r1_kohyoshiryo.pdf